タグ: 栄養

薬剤師は何歳からなれる?

人間が生活するためには仕事をしなければ糧は得られません。独立したての若者や、ワンランク上のキャリアを積みたい人はどんな仕事につくべきか?と考える人の中には薬剤師を目指す人もすくなくありません。

薬剤師は人気の職業ですが、果たして何歳からなれるのでしょう。まず薬剤師になるには、資格を取らないといけません。薬剤師の資格を取るには、大学の薬学部の六年制にいかないといけません。薬剤師になるためには薬剤師国家試験の受験資格を得る必要があり、受験資格は、薬学部で6年制を卒業してはじめて得られます。それ以外には方法はないので、最短でも6年はかかります。

6年制の薬学部を卒業しないと薬学部国家試験の受験資格がもらえないことになので、最短でも24~25歳から、ということになります。薬剤師になることができれば、安定した職業に就くことができるのですが、薬剤師の資格を求める人は毎年増加しているので、大変です。国立はかなりの難関なので非常に厳しく、私立だと年間200万くらいはかかります。経済的にも大変です。ただ、薬学部や、薬科大学には年齢制限はないので、何歳になっていても本人のやる気さえあれば入学は可能です。薬剤師国家試験にも年齢制限はないので、6年制の薬学部を卒業していれば、社会人になってからでも薬剤師になることは可能です。

薬剤師の知識を得ることで、体について様々な知識を学ぶことができるそうです。
薬は体内に取り込むものですから、食べるものや栄養についても知識が増すと言われています。
栄養学とは異なりますが体の健康について学べる分野なので、知識を深めたい方にはおすすめですね。
食事や栄養は人間が生きていくために源となる重要なことです。