新潟の名産を通販で購入できる「新潟直送計画」ではどんなものが買える?

米処としても有名な新潟はその豊かな気候の恩恵で、美味しい名産の野菜や食品が豊富な地域です。
新潟県産の野菜や地元の方しかしらないようなローカルな食品の中には、こんな美味しいものがあったのか!と思うほど美味しい名産品が隠されています。
新潟県出身で、今は関東で暮らしているという方は地元の名産を食べたいけれど地元に帰らないと馴染みの食べ物を食べられなくて寂しい…という方もいると思います。
新潟県出身の人も、まだ新潟県の名産品を知らない人も全国どこにいても美味しい新潟県産の食品を購入できる「新潟直送計画」を利用するのがおすすめです。

「新潟直送計画」は新潟県産の果物や野菜、お米などはもちろん、海の幸も購入可能。
陸で収穫できる農産物だけでなく、新潟は海産物も美味しいと有名な場所でもあります。
カニなども水揚げされるので、カニを注文することも可能です。
野菜や海産物だけでなく、食肉や肉加工品も美味しい商品が豊富です。
「新潟直送計画」で扱われているのは、果物・農産物・野菜・水産物・水産加工品・調味料・漬物・スイーツ・お菓子・食肉・肉加工品・惣菜・即席食品・カレー 郷土料理 おせち料理・乾物・米・もち米・米加工品・飲料・豆類・豆加工品・麺類・酒類・パン・ジャム・乳製品・卵・健康食品・花・観葉植物・工芸品・食器・カトラリーなど非常に多くの名産品が購入できるので、新潟まで出向かなくても新潟の美味しいものや素晴らしい特産品を体験することができます。
中でもおすすめなのが、新潟産のブランド牛です。

新潟のブランド牛の美味しさが味わえる!

新潟県には村上牛とあがの姫牛という2つのブランド牛があります。
村上牛はキレイなサシが入っている高級ブランド牛で、ステーキやすき焼きで食べると絶品の肉です。脂の旨さが引き立つ牛肉で、全国にファンが多い肉牛です。
もちろん焼き肉などで食べることもでき、その美味しさは神戸牛などのブランド牛にも引けをとらない美味しさです。
あがの姫牛は、主にメスの牛肉でオスよりもやわらかい肉質を楽しめます。特に赤身が美味しい肉牛なので、赤身が好きな人は必ず一度は食べておきたいブランド牛です。

栄養素の高いビール粕などを飼料にしおり、肉の旨味を高めていることも重要なポイント。

「新潟直送計画」で購入できる村上牛は、ステーキ用サーロイン、すき焼き用肩ロースが購入できます。
あがの姫牛は、あがの姫牛の赤身だけでなく、あがの姫牛を使ったビーフコロッケ、あがの姫牛を使ったビーフカレーなども注文できます。
ビーフカレーが好きな人は、あがの姫牛のビーフカレーの美味しさを体験しないと損!といえるほどの美味しさなので是非試してみてください。

新潟の海の幸も充実!

「新潟直送計画」では、海の幸も購入できます。中でも注目なのは「村上名産塩引き鮭」です。近所のスーパーなどでも鮭は購入できると思いますが、新潟産の鮭の味のファンの人は物足りなさを感じているのではないでしょうか。新潟で水揚げされる鮭の味を通年で楽しみたいときは、「新潟直送計画」を利用すれば、ほぼ一年中新潟で水揚げされた鮭を購入できます。
昨今の日本の家庭で食べられている鮭は、海外から輸入されたトラウトサーモンであることも多いです。

サーモンも生物学上は鮭と違いはないと言われている説もありますが、やっぱり鮭が食べたい!という方には「新潟直送計画」で買える「塩引き鮭」を購入してみるのがおすすめです。

「塩引き鮭」とは、魚の旨味をギュッと凝縮させる処理方法で、焼き魚として食べるときには絶品の旨さです。
切り身そのままも美味しいですが、「塩引き鮭」に処理された鮭の旨さを味わったことが無い方には是非一度食べてみてもらいたい美味しさです。

【おすすめの通販食】
美味しい鮭弁当を冷凍の状態で届けてくれるサービスがあります。冷凍にもかかわらず、電子レンジで温めるだけで美味しい鮭弁当をいつでも食べられます。
全国どこでも購入可能な鮭弁当はこちらで詳細を確認できます。 >> 【ほほえみ御膳のメニュー・口コミは?

薬剤師は何歳からなれる?

人間が生活するためには仕事をしなければ糧は得られません。独立したての若者や、ワンランク上のキャリアを積みたい人はどんな仕事につくべきか?と考える人の中には薬剤師を目指す人もすくなくありません。

薬剤師は人気の職業ですが、果たして何歳からなれるのでしょう。まず薬剤師になるには、資格を取らないといけません。薬剤師の資格を取るには、大学の薬学部の六年制にいかないといけません。薬剤師になるためには薬剤師国家試験の受験資格を得る必要があり、受験資格は、薬学部で6年制を卒業してはじめて得られます。それ以外には方法はないので、最短でも6年はかかります。

6年制の薬学部を卒業しないと薬学部国家試験の受験資格がもらえないことになので、最短でも24~25歳から、ということになります。薬剤師になることができれば、安定した職業に就くことができるのですが、薬剤師の資格を求める人は毎年増加しているので、大変です。国立はかなりの難関なので非常に厳しく、私立だと年間200万くらいはかかります。経済的にも大変です。ただ、薬学部や、薬科大学には年齢制限はないので、何歳になっていても本人のやる気さえあれば入学は可能です。薬剤師国家試験にも年齢制限はないので、6年制の薬学部を卒業していれば、社会人になってからでも薬剤師になることは可能です。

薬剤師の知識を得ることで、体について様々な知識を学ぶことができるそうです。
薬は体内に取り込むものですから、食べるものや栄養についても知識が増すと言われています。
栄養学とは異なりますが体の健康について学べる分野なので、知識を深めたい方にはおすすめですね。
食事や栄養は人間が生きていくために源となる重要なことです。